初参式

初参式とは・・・

赤ちゃんが仏の子として育ち、これからの人生を仏さまのお慈悲に包まれて生きていけるよう、人生の出発にあたり、その誕生を仏さまにご報告する式です。


浄土真宗の門信徒のご家庭に生まれた赤ちゃんが初めてお寺にお参りする初参式は、子にとってはじめての仏縁ですが、同時に親にとっても、親として生きる出発点であり、子によっていただいた尊い仏縁でもあります。
恵まれた新しいいのちを阿弥陀如来さまの御前にて、ご家族、またご縁ある方々そろってお祝いいたしましょう。

初参式次第

1、開式のことば
2、念珠・式章授与
3、お勤め「らいはいのうた」
4、消息拝読「初参式についての消息」
5、お祝いのことば
6、記念品贈呈
7、閉式のことば
8、記念写真

 

初参式の記念に 

津村別院より初参式を受式されたお子さまに、記念式章、お念珠、記念品をお渡しいたします。

初参式の受付について

初参式をご希望の方は、津村別院法務部までご連絡ください。