法座(法座概要)

2017年10月

▼ 晨朝勤行

朝のお参りのことを「晨朝(じんじょう)」といいます。朝のひとときを、ご一緒に過ごしてみませんか?

毎朝7時より(1時間程度です) 

▼ 法座日程

をクリックすると法座概要が表示されます。(JavaScriptがオフの場合は常に表示された状態になります)

1日(日)
朝の仏教講座 7:00 ~ ※晨朝に引き続き40分間
 東 承子/あそかビハーラ病院 看護師(大阪教区交野組善行寺)
 あたりまえじゃ なかったんだ
日曜講演 10:30 ~ 12:00
 安方 慶哉/本願寺派布教使(大阪教区南郡組正満寺)/阿弥陀様のお慈悲
【朝の仏教講座】 1日(日)7:00~8:20(晨朝に引き続き約40分間)
「あたりまえじゃ なかったんだ」
あそかビハーラ病院看護師 東 承子(あずま しょうこ)
看護・医療の現場で出会った方々の紹介をさせていただきます。自分の足で立てる事、美味しく食べられる事、夜寝て朝に「おはよう」と目覚められる事、息を吸って吐ける事、今、自分がここに生きている事、これらは全てあたり前ではなかったのです。これらの気づきをくださった患者さんお二人を紹介いたします。あたり前でなかったと気づかされた時、本当に喜ぶべきことは何なのかが分かります。他と比べることのない、比べる必要のない自分にしか歩めない人生を歩ませて頂けます。以上の内容を、み教えを頂きながらお話しさせて頂きます。
【 日曜講演 】 10:30 ~ 12:00
1日(日)「阿弥陀様(あみださま)のお慈悲(じひ)」
安方 慶哉(やすかた けいや)(大阪)
我々のご宗旨は浄土真宗というご宗旨であります。阿弥陀様というほとけ様はこの私に「あなたを救うほとけがおるぞ。だからどうかこの阿弥陀にまかせておくれ」とお誓いくださいました。そして今、そのお誓いは南無阿弥陀仏のよび声となって私にはたらき続けてくださっています。何故、阿弥陀様はその様にお誓いくださったのか。阿弥陀様のお心、お慈悲というものを共々にお聞かせ頂きたいと思います。
2日(月)
3日(火)
4日(水)
5日(木)
6日(金)
7日(土)
土曜講座 13:30 ~ 15:00
 藤 正史/本願寺派布教使(大阪教区南郡組慈光寺)/学佛大悲心
【 土曜講座 】 13:30 ~ 15:00
7日(土)「学佛大悲心(がくぶつだいひしん)」
藤 正史(ふじ まさし)(大阪)
ある米国の女性誌編集長が「アンチエイジングという言葉をこれからは使わない」と宣言したというニュースを耳にしました。年齢を重ねることを否定的にとらえる風潮に一石を投じる発言だと思います。私どもは日頃、容姿は若く、身体は壮健で、人に役立つことに「いのち」の価値を見出しています。しかし実態は老苦から逃れることはできず、誰しも加齢に苦悩し落胆します。果たして「いのち」の価値・尊さとは何であったのでしょうか。この「いのち」がどんな姿になっても尊いと見抜いてくださる大悲のお心をいただきます。
8日(日)
日曜講演 10:30 ~ 12:00
 喜多 唯信/本願寺派布教使(大阪教区茅渟組光瀧寺)/平等の教え
一味会 13:30 ~ 15:30
 髙田 慈昭/本願寺派司教・行信教校講師
【 日曜講演 】 10:30 ~ 12:00
「平等(びょうどう)の教(おし)え」
喜多 唯信(きた ゆいしん)(大阪)
この度のご縁では、仏教の根本的な教えである平等を味わわせて頂きたいと思います。現代に生きる私たちは、憲法や法律などによって、さまざまに権利としての平等が保障されています。では、仏教の平等とどのような相違があるのでしょうか。仏教の平等とはどういう事を私たちに伝えようとしているのでしょうか。それを、お釈迦様・法然聖人・親鸞聖人のお言葉から、お聞かせ頂こうと思います。
9日(月)
10日(火)
11日(水)
12日(木)
13日(金)
婦人会(物故者追悼法要) 13:30 ~ 15:30
 谷川 弘顕/本願寺派布教使(兵庫教区)
 ※2席 14:10~15:30終了
14日(土)
常例布教 14日(土) ~ 17日(火)※14日 法友会報恩講
 青木 哲隆/本願寺派布教使(高岡教区新湊組覺円寺)/「いま・ここ・私」に届けられた願い
法友会(報恩講) 
 15:30 ~ 16:00 ※15:30~勤行 引き続き法座
 16:15 ~ 17:15
 青木 哲隆/本願寺派布教使(高岡教区新湊組覺円寺)
【常例布教】14日(土)逮夜~17日(火)日中
「『いま・ここ・私(わたし)』に届(とど)けられた願(ねが)い」 
青木 哲隆(あおき てつりゅう)(高岡教区)
約2500年も前に、お釈迦さまは仏教を発見してくださいました。そして多くの先人たちが、その教えに支えられ拠り所とされて、現在の私のもとにも届いてくださっております。その教えは、いったいどこの誰のために説かれたのでありましょうか?私のもとにも届いてくださった、南無阿弥陀仏のおいわれをご参詣、お聴聞くださる方々とともに、味わわせていただきたいと思います。
15日(日)
常例布教 14日(土) ~ 17日(火) ※15日午後 廣輪会例会併催
 青木 哲隆/本願寺派布教使(高岡教区新湊組覺円寺)/「いま・ここ・私」に届けられた願い
廣輪会 13:30 ~ 15:00 ※常例布教併催
 青木 哲隆/本願寺派布教使(高岡教区新湊組覺円寺)
【常例布教】14日(土)逮夜~17日(火)日中
「『いま・ここ・私(わたし)』に届(とど)けられた願(ねが)い」 
青木 哲隆(あおき てつりゅう)(高岡教区)
約2500年も前に、お釈迦さまは仏教を発見してくださいました。そして多くの先人たちが、その教えに支えられ拠り所とされて、現在の私のもとにも届いてくださっております。その教えは、いったいどこの誰のために説かれたのでありましょうか?私のもとにも届いてくださった、南無阿弥陀仏のおいわれをご参詣、お聴聞くださる方々とともに、味わわせていただきたいと思います。
16日(月)
常例布教 14日(土) ~ 17日(火)
 青木 哲隆/本願寺派布教使(高岡教区新湊組覺円寺)/「いま・ここ・私」に届けられた願い
【常例布教】14日(土)逮夜~17日(火)日中
「『いま・ここ・私(わたし)』に届(とど)けられた願(ねが)い」 
青木 哲隆(あおき てつりゅう)(高岡教区)
約2500年も前に、お釈迦さまは仏教を発見してくださいました。そして多くの先人たちが、その教えに支えられ拠り所とされて、現在の私のもとにも届いてくださっております。その教えは、いったいどこの誰のために説かれたのでありましょうか?私のもとにも届いてくださった、南無阿弥陀仏のおいわれをご参詣、お聴聞くださる方々とともに、味わわせていただきたいと思います。
17日(火)
常例布教 14日(土) ~ 17日(火)
 青木 哲隆/本願寺派布教使(高岡教区新湊組覺円寺)/「いま・ここ・私」に届けられた願い
【常例布教】14日(土)逮夜~17日(火)日中
「『いま・ここ・私(わたし)』に届(とど)けられた願(ねが)い」 
青木 哲隆(あおき てつりゅう)(高岡教区)
約2500年も前に、お釈迦さまは仏教を発見してくださいました。そして多くの先人たちが、その教えに支えられ拠り所とされて、現在の私のもとにも届いてくださっております。その教えは、いったいどこの誰のために説かれたのでありましょうか?私のもとにも届いてくださった、南無阿弥陀仏のおいわれをご参詣、お聴聞くださる方々とともに、味わわせていただきたいと思います。
18日(水)
19日(木)
20日(金)
21日(土)
土曜講座 13:30 ~ 15:40
 布教団聞法の集い① 
  布教実演:①田淵 幸三 ②野村 廣大
  まとめの法話:中西 昌弘(大阪教区布教団副団長)
【 土曜講座 】 13:30 ~ 15:00
21日(土)大阪教区布教団 第1回聞法の集い
※21日のみ15:40終了となります。
〇布教実演 
①田淵 幸三(たぶち こうぞう)(大阪教区 石川南組 極楽寺)
②野村 廣大(のむら こうだい)(大阪教区 中島東組 瑞松寺)
〇まとめの法話
中西 昌弘(なかにし まさひろ)(大阪教区布教団副団長)
22日(日)
日曜講演 10:30 ~ 12:00
 森田 瑞穂/本願寺派布教使(大阪教区石川北組願行寺)/仏法は聴聞にきわまることなり
【 日曜講演 】 10:30 ~ 12:00
22日(日)「仏法(ぶっぽう)は聴聞(ちょうもん)にきわまることなり」     
森田 瑞穂(もりた みずほ)(大阪)
親鸞聖人が私たちに伝えて下さる一番大切なことは信心であり、その信心を得る為には、聴聞する以外に道はないのであるというのが講題の意味であります。又、聴聞とは何をどのように聞くのかというと、仏願の生起本末を聞いて疑心あることなし、これを聞といい、又聞くというは信心を表すみのりなりとも教えていただくことです。又自己のはからいをまじえず聞くと言われるが、これがむずかしい。私にとっての仏願の生起本末とは?自見をまじえず聞くというのは、どのような事を言うのかを話してみたいと思っております。
23日(月)
24日(火)
25日(水)
26日(木)
27日(金)
28日(土)
土曜講座 13:30 ~ 15:00
 南部 松見/本願寺派布教使(大阪教区住吉組寶林寺)/終活にもの申す
【 土曜講座 】 13:30 ~ 15:00
28日(土)「終活(しゅうかつ)にもの申(もう)す」
南部 松見(なんぶ まつみ)(大阪)
エンディングノートに始まり、墓じまい、仏壇じまいなど、人生の総決算を始める方が増えています。「終活」という言葉も使われるようになりました。他力の念仏(行)と信心(信)をいただく私は、現代の「終活」という流れをどのように受け取っていくかをお伝えできればと思います。
29日(日)
日曜講演 10:30 ~ 12:00
 桒原 光順/本願寺派布教使(大阪教区大鳥南組生蓮寺)/名声十方に超えん
【 日曜講演 】 10:30 ~ 12:00
29日(日)「名声十方(みょうしょうじっぽう)に超(こ)えん」
桒原 光順(くわはら こうじゅん)(大阪)
阿弥陀様という仏様は、南無阿弥陀仏と届いて下さり、南無阿弥陀仏と聞こえてくださる仏様となってくださいました。この私の身に入り満ちて、私の口からお念仏となってこぼれてくださいます。この口から、ナモアミダブツとお念仏となってくださるということは、今、阿弥陀様がご一緒して下さっているあかしであるとお聞かせにあずかります。
30日(月)
31日(火)