法座(法座概要)

2017年08月

▼ 晨朝勤行

朝のお参りのことを「晨朝(じんじょう)」といいます。朝のひとときを、ご一緒に過ごしてみませんか?

毎朝7時より(1時間程度です) 

▼ 法座日程

をクリックすると法座概要が表示されます。(JavaScriptがオフの場合は常に表示された状態になります)

土曜講座 時間変更のお知らせ

2017(平成29)年7月~9月末の間、 土曜講座は午前10時30分~12時に開催いたします。

1日(火)
朝の仏教講座 7:00 ~ ※晨朝に引き続き40分間
 玉木 興慈/龍谷大学教授(大阪教区此花組浄興寺)/身命をかへりみず
【朝の仏教講座】 1日(火)7:00~8:20(晨朝に引き続き)
「身命(しんみょう)をかへりみず」 龍谷大学教授 玉木(たまき) 興慈(こうじ)
「あなたの大切にしているものを3つ挙げてください」といわれると、何を挙げるでしょうか?家族・友人・先祖・健康・自由・平和・お金・・・・・・いろいろと大切なものはたくさんあります。タイトルの「身命をかへりみず」は、『歎異抄』の第2条にあります。京都の親鸞聖人を「身命をかへりみず」訪ねられた門弟と親鸞聖人について、お話をしたいと思います。
2日(水)
3日(木)
4日(金)
5日(土)
土曜講座 10:30 ~ 12:00
 葛野 洋明/本願寺派布教使(大阪教区豊島南組託明寺)/称名破満の真髄
【 土曜講座 】 10:30 ~ 12:00
5日(土)「称名破満(しょうみょうはまん)の真髄(しんずい)」 葛野 洋明(かどの ようみょう)(大阪)
浄土真宗のお救いは、お念仏一つのお救いです。「南無阿弥陀仏」と称えるお念仏は、私の迷いの根源である煩悩の闇を破り、私が願うべき往生浄土の志願を満たすと説かれています。しかし、ただ単に、お念仏を称えるだけで、闇が破られ願いが満たされているのでしょうか?お念仏一つのお救いと言われる浄土真宗の、もっとも大事なポイントを、明らかに聞かせていただきます。ともどもに、阿弥陀さまを仰がさせていただきます。
6日(日)
日曜講演 10:30 ~ 12:00
 永井 了祥/本願寺派布教使(大阪教区茨田組浄宗寺)/お念仏のよろこび
【 日曜講演 】 10:30 ~ 12:00
6日(日)「お念仏(ねんぶつ)のよろこび」 永井 了祥(ながい りょうしょう)(大阪)
現代の日本において現実に起こっていることを考えさせていただき、お念仏の教えとはどういうものか、お念仏の教えをいただくよろこびとはどういうものかということを、ともに味わわせていただきましょう。
7日(月)
8日(火)
9日(水)
10日(木)
11日(金)
12日(土)
土曜講座 10:30 ~ 12:00
 濱畑 僚一/本願寺派布教使(大阪教区島上西組常見寺)
 ともしびをつたへおはします
【 土曜講座 】 10:30 ~ 12:00
12日(土)「ともしびをつたへおはします」濱畑 僚一(はまはた りょういち) (大阪)
親鸞聖人八十六歳の『尊號真像銘文』には「皇太子聖徳御銘文」と題される御文が釈されています。最近では、聖徳太子様を厩戸王(うまやとのみこ)とお呼びして、どのような方であったのかと疑義が提出されています。しかし、歴史学がどんなに進展しても、聖人が太子を「和国の教主」と讃え、粟粒のような日本国に「ともしび」としての「佛法」を伝えて下さったと、讃えられていることは変わりません。ご一緒に、お聴聞させていただきます。

13日(日)
盂蘭盆会法座 13日(日)晨朝 ~ 16日(水)日中
 佐々木 至成/本願寺派布教使(備後教区鴨川北組照専寺)
 浄土真宗のみ教え~『正信念仏偈』に聞く~
【盂蘭盆会(うらぼんえ)法座】13日(日)晨朝~16日(水)日中
「浄土真宗(じょうどしんしゅう)のみ教え ~『正信念仏偈(しょうしんねんぶつげ)』に聞(き)く~」 
佐々木 至成(ささき しじょう)(備後教区)
『正信念仏偈』を暗誦してきちんと読める人、聖典を見てきちんと読める人は沢山いらっしゃいます。しかし、『正信念仏偈』に説かれている内容が分からないという人も多いと感じています。今回の盂蘭盆会法座4日間を通して、本願名号をこの身に頂いて、信心念仏に救われて生きるとはどういうことか、ご参詣の方々とご一緒に頂きたいと思います。
14日(月)
盂蘭盆会法座 13日(日)晨朝 ~ 16日(水)日中
 佐々木 至成/本願寺派布教使(備後教区鴨川北組照専寺)
 浄土真宗のみ教え~『正信念仏偈』に聞く~
【盂蘭盆会(うらぼんえ)法座】13日(日)晨朝~16日(水)日中
「浄土真宗(じょうどしんしゅう)のみ教え ~『正信念仏偈(しょうしんねんぶつげ)』に聞(き)く~」 
佐々木 至成(ささき しじょう)(備後教区)
『正信念仏偈』を暗誦してきちんと読める人、聖典を見てきちんと読める人は沢山いらっしゃいます。しかし、『正信念仏偈』に説かれている内容が分からないという人も多いと感じています。今回の盂蘭盆会法座4日間を通して、本願名号をこの身に頂いて、信心念仏に救われて生きるとはどういうことか、ご参詣の方々とご一緒に頂きたいと思います。
15日(火)
盂蘭盆会法座 13日(日)晨朝 ~ 16日(水)日中
 佐々木 至成/本願寺派布教使(備後教区鴨川北組照専寺)
 浄土真宗のみ教え~『正信念仏偈』に聞く~
【盂蘭盆会(うらぼんえ)法座】13日(日)晨朝~16日(水)日中
「浄土真宗(じょうどしんしゅう)のみ教え ~『正信念仏偈(しょうしんねんぶつげ)』に聞(き)く~」 
佐々木 至成(ささき しじょう)(備後教区)
『正信念仏偈』を暗誦してきちんと読める人、聖典を見てきちんと読める人は沢山いらっしゃいます。しかし、『正信念仏偈』に説かれている内容が分からないという人も多いと感じています。今回の盂蘭盆会法座4日間を通して、本願名号をこの身に頂いて、信心念仏に救われて生きるとはどういうことか、ご参詣の方々とご一緒に頂きたいと思います。
16日(水)
盂蘭盆会法座 13日(日)晨朝 ~ 16日(水)日中
 佐々木 至成/本願寺派布教使(備後教区鴨川北組照専寺)
 浄土真宗のみ教え~『正信念仏偈』に聞く~
【盂蘭盆会(うらぼんえ)法座】13日(日)晨朝~16日(水)日中
「浄土真宗(じょうどしんしゅう)のみ教え ~『正信念仏偈(しょうしんねんぶつげ)』に聞(き)く~」 
佐々木 至成(ささき しじょう)(備後教区)
『正信念仏偈』を暗誦してきちんと読める人、聖典を見てきちんと読める人は沢山いらっしゃいます。しかし、『正信念仏偈』に説かれている内容が分からないという人も多いと感じています。今回の盂蘭盆会法座4日間を通して、本願名号をこの身に頂いて、信心念仏に救われて生きるとはどういうことか、ご参詣の方々とご一緒に頂きたいと思います。
17日(木)
18日(金)
19日(土)
土曜講座 10:30 ~ 12:00
 小林 顯英/本願寺派布教使(大阪教区榎並組法栄寺)/今現在説法
【 土曜講座 】 10:30 ~ 12:00
19日(土)「今現在説法(こんげんざいせっぽう)」 小林 顯英(こばやし けんえい)(大阪)
「いま現にましまして法を説きたまふ」とありますが、「今」とは、そして「誰」に、「いかなる法」を、「何故」説いておられるのか・・・。わかっているつもり。きいているつもり。で、大切なことを私はすれ違ってはいないか・・・。今、一度問い直してみたいと思います。
20日(日)
日曜講演 10:30 ~ 12:00
 戸川 教宏/本願寺派布教使(大阪教区交野組勝圓寺)/阿弥陀様がご一緒です
【 日曜講演 】 10:30 ~ 12:00
20日(日)「阿弥陀様(あみださま)がご一緒(いっしょ)です」 戸川 教宏(とがわ のりひろ)(大阪)
浄土真宗とは、阿弥陀様が私を救える仏様と成ってくださるという宗教です。その通りの仏と成り、そのお徳を私に満ち満ちてくださったので、ナモアミダブツと私の口にお念仏ともなって、現れてくださいます。私がお念仏申すものと成ったと言うことは、奇跡的なことが実現しているといえるでしょう。また仏教というものが、思想や理念ではなく、私を支え抜いていくはたらきとなるのは、唯一このお念仏だけであるのです。
21日(月)
22日(火)
23日(水)
24日(木)
25日(金)
26日(土)
土曜講座 10:30 ~ 12:00
 佐々木 義信/本願寺派布教使(大阪教区大鳥北組圓龍寺)/法蔵比丘の心
【 土曜講座 】 10:30 ~ 12:00
26日(土)「法蔵比丘(ほうぞうびく)の心(こころ)」 佐々木 義信(ささき ぎしん)(大阪)
比丘(男子の出家修行者)、比丘尼(女性出家修行者)といわれています。しかしながら、比丘というのは社会的、経済的に恵まれていても、それに満足できない心、そういう心。そういう心は私たちの中にも時々顔を出すのであります。この法蔵比丘の心は、社会的地位、或いは経済的地位にも満足できずに、真実の幸せがないか、そういうことを求める心を比丘というのでしょう。
27日(日)
日曜講演 10:30 ~ 12:00
 髙島 幸博/本願寺派布教使(大阪教区茨木東組專念寺)/であい
【 日曜講演 】 10:30 ~ 12:00
27日(日)「で あ い」 髙島 幸博(たかしま ゆきひろ)(大阪)
「出会い」と「出遇い」。同じく「であい」と読みますが、人との場合は「出会い」を、阿弥陀様との場合は「出遇い」を使います。浄土真宗では、この使い分けを大切にします。それは、その「であい」の内容が全くちがうからです。しかし、出会いを通して、阿弥陀様に出遇う、というのも事実です。私自身の「であい」から、阿弥陀様のお慈悲を味わわせて頂きたいと思います。
28日(月)
29日(火)
30日(水)
31日(木)