法座(法座概要)

2017年05月

▼ 晨朝勤行

朝のお参りのことを「晨朝(じんじょう)」といいます。朝のひとときを、ご一緒に過ごしてみませんか?

毎朝7時より(1時間程度です) 

▼ 法座日程

をクリックすると法座概要が表示されます。(JavaScriptがオフの場合は常に表示された状態になります)

1日(月)
朝の仏教講座 7:00 ~ ※晨朝に引き続き40分間
埜上 隆昭/介護福祉士/生き甲斐とは何でしょう
【朝の仏教講座】 1日(月)7:00~8:20
「生(い)き甲斐(がい)とは何(なん)でしょう」 
介護福祉士/埜上 隆昭(のがみ たかあき)
デイサービスの利用者の多くが「何のお役にも立てない厄介者です。早よお迎えが来て欲しい」と、自身の存在意義を見失った苦しさ・辛さ・悲しさを心に秘めた言葉を口にします。その言葉の背景にある「生き甲斐とは何か」を自問すると、「仏となる道を歩むこと」に辿りつきます。お念仏を喜び、その喜びを言葉や姿で伝えてゆく、これこそ誰もが、いのち終えるまで持ち続けられる「生き甲斐」ではないでしょうか。
2日(火)
3日(水)
4日(木)
5日(金)
6日(土)
土曜講座 13:30 ~ 15:00
松永 徳成/本願寺派布教使(大阪教区天野北組西稱寺)/弥陀の回向成就して
【土曜講座】 13:30~15:00
6日(土) 「弥陀(みだ)の回向(えこう)成就(じょうじゅ)して」 
松永 徳成(まつなが とくじょう)(大阪)
阿弥陀如来さまの本願力回向は、どのように私の身の上におはたらきくださるのでしょうか。私の恩師は、み教えは頭で理解するのではなく、人生で受け止めさせていただくのだと教えてくださいました。この度のご縁では、本願力回向について、親鸞聖人のお示しくださったご和讃に伺いながら、それがどのように私たちの人生の上におはたらきくださっているのかをいただいてまいります。
7日(日)
日曜講演 10:30 ~ 12:00
堯 義就/本願寺派布教使(大阪教区河中北組乗教寺)/「現世利益和讃」を味わう
【日曜講演】 10:30~12:00
7日(日) 「『現世利益和讃(げんぜりやくわさん)』を味(あじ)わう」
堯 義就(たか よしなり)(大阪)
浄土真宗の教章、「生活」には「現世祈祷などにたよることなく、御恩報謝の生活を送る」と示されてあります。占いなどの迷信にたよらない人生ほど豊かなものはないと言えましょう。親鸞聖人は『現世利益和讃』の一首に「天神・地祇はことごとく 善鬼神となづけたり これらの善神みなともに 念仏のひとをまもるなり」とお示しくださっています。このご和讃を通して、浄土真宗の「おまもり」について伺い、迷信にたよらない人生についてお味わいさせていただきたいと思います。
8日(月)
9日(火)
10日(水)
11日(木)
12日(金)
婦人会 13:30 ~ 15:00
清岡 隆文/本願寺派布教使(大阪教区島下組大光寺)
13日(土)
土曜講座 13:30 ~ 15:00
中西 昌弘/本願寺派布教使(大阪教区榎並組淨光寺)/浄土対面してあい忤はず
法友会 16:00 ~ 17:00 ※15:30 総会
石原 俊之/勤式練習  ※法座(土曜講座併催)
【土曜講座】 13:30~15:00
13日(土) 「浄土(じょうど)対面(たいめん)してあい忤(たが)はず」 
中西 昌弘(なかにし まさひろ)(大阪)
生死無常の悲しみ、愛憎のかっとうに悩む逃げ場のない人生も、本願を信じ念仏申す身にならせていただいたものには、大いなる安らぎの場が与えられ、生・老・病・死といういのちの一つ一つのあり方(状況)の中に、生死を超えた如来の願心(お慈悲)に包まれた落ち着きを感ぜずにはおれません。対立をこえた広々とした世界を味わわせてくださる如来の本願の救いを聞かせていただきましょう。
14日(日)
蓮如上人御祥月法要
 13:30 ~
法要
 14:30 ~ 15:30
記念講演
蓮如上人の伝道について/本願寺史料研究所委託研究員/岡村喜史
 15:40 ~ 16:40
記念布教
仏法をあるじとす/本願寺派布教師/桐原良彦
15日(月)
常例布教 15日(月) 晨朝~17日(水) 日中
安部 敏孝/本願寺派布教使(安芸教区高田東組圓光寺)/染香人のその身には・・・
【常例布教】 15日(月)晨朝 ~ 17日(水)日中
「染香人(ぜんこうにん)のその身(み)には・・・」 
安部 敏孝(あべ としたか)(安芸)
「染香人のその身には 香気あるがごとくなり
これをすなはちなづけてぞ 香光荘厳とまうすなる」『浄土和讃』
ご開山聖人は阿弥陀如来の智慧のはたらきを香りと光にたとえられ、お念仏の人生は仏さまがその智慧の香りで染め、智慧の光で照らしてくださる人生であるとよろこばれました。私の心と身体に染みてくださるお念仏、香りに染められたものはその香気を放つようになるように、私の口をこじあけて今、南無阿弥陀仏と出てくださいます。染み込んでくださるものに染められてゆく人生です。
16日(火)
常例布教 15日(月) 晨朝~17日(水) 日中
安部 敏孝/本願寺派布教使(安芸教区高田東組圓光寺)/染香人のその身には・・・
【常例布教】 15日(月)晨朝 ~ 17日(水)日中
「染香人(ぜんこうにん)のその身(み)には・・・」 
安部 敏孝(あべ としたか)(安芸)
「染香人のその身には 香気あるがごとくなり
これをすなはちなづけてぞ 香光荘厳とまうすなる」『浄土和讃』
ご開山聖人は阿弥陀如来の智慧のはたらきを香りと光にたとえられ、お念仏の人生は仏さまがその智慧の香りで染め、智慧の光で照らしてくださる人生であるとよろこばれました。私の心と身体に染みてくださるお念仏、香りに染められたものはその香気を放つようになるように、私の口をこじあけて今、南無阿弥陀仏と出てくださいます。染み込んでくださるものに染められてゆく人生です。
17日(水)
常例布教 15日(月) 晨朝~17日(水) 日中
安部 敏孝/本願寺派布教使(安芸教区高田東組圓光寺)/染香人のその身には・・・
【常例布教】 15日(月)晨朝 ~ 17日(水)日中
「染香人(ぜんこうにん)のその身(み)には・・・」 
安部 敏孝(あべ としたか)(安芸)
「染香人のその身には 香気あるがごとくなり
これをすなはちなづけてぞ 香光荘厳とまうすなる」『浄土和讃』
ご開山聖人は阿弥陀如来の智慧のはたらきを香りと光にたとえられ、お念仏の人生は仏さまがその智慧の香りで染め、智慧の光で照らしてくださる人生であるとよろこばれました。私の心と身体に染みてくださるお念仏、香りに染められたものはその香気を放つようになるように、私の口をこじあけて今、南無阿弥陀仏と出てくださいます。染み込んでくださるものに染められてゆく人生です。
18日(木)
19日(金)
20日(土)
親鸞聖人降誕会
 10:00~
法要
 11:00~12:00
聞くところを慶び、獲るところを嘆ずるなり/本願寺派布教師/葛野洋明
 13:00~14:00
親鸞上人─帰京とその後の数年間─筑波大学名誉教授/今井雅晴
21日(日)
日曜講演 10:30 ~ 12:00 ※午後、廣輪会
星野 親行/本願寺派布教使(大阪教区豊島南組西法寺)/本師源空いまさずは
廣輪会 13:30 ~ 15:00 ※午前、日曜講演
星野 親行/「十方衆生」/本願寺派布教使(大阪教区豊島南組西法寺)
【日曜講演】 10:30~12:00
21日(日) 「本師源空(ほんしげんくう)いまさずは」 
星野 親行(ほしの しんぎょう)(大阪)
曠劫多生のあひだにも 出離の強縁しらざりき
本師源空いまさずは このたびむなしくすぎなまし
お師匠さまである法然聖人に遇わせていただくことがなければ、私の“いのち”はまたむなしく過ぎていったことであろう。親鸞聖人さまのおつくり残しくださった、「ご和讃」であります。5月21日は親鸞聖人の降誕会。親鸞聖人がお生まれくださり阿弥陀さまのお救いをお説き残してくださったご縁をお聞かせいただきたいと思います。

22日(月)
23日(火)
24日(水)
25日(木)
26日(金)
27日(土)
土曜講座 13:30 ~ 15:00
利井 唯明/本願寺派布教使(大阪教区島上西組常見寺)/金色に輝くいのちの誓い
【土曜講座】 13:30~15:00
27日(土) 「金色(こんじき)に輝(かがや)くいのちの誓(ちか)い」 
利井 唯明(かがい ゆいみょう)(大阪)
阿弥陀さまの四十八願の内、第三願を悉皆(しっかい)金色(こんじき)の願と言います。そこには浄土に生まれた者がみな悉く金色に輝かなければ、私は仏となりませんと誓われているのです。また、第四願は無(む)有(う)好(こう)醜(しゅ)の願と言われ、浄土に生まれた者の姿形が異なっていて美しいとか醜いとかがあったならば、私は仏となりませんとお誓いになっておられます。この第三願・第四願をお建てになった阿弥陀さまのおこころをお聞かせいただきたいと思います。
28日(日)
日曜講演 10:30 ~ 12:00
味府 浩子/本願寺派布教使(大阪教区島中南組常願寺)/生死の苦海ほとりなし
【日曜講演】 10:30~12:00
28日(日) 「生死(しょうじ)の苦海(くかい)ほとりなし」 
味府 浩子(あじふ ひろこ)(大阪)
生死の苦海ほとりなし ひさしくしづめるわれらをば 
弥陀弘誓のふねのみぞ のせてかならずわたしける
「生死」は「しょうじ」と読んで、「迷いの世界」「生まれかわり死にかわりして迷い続けること」です。私たちは迷いの中にいても、迷っているという自覚はありません。阿弥陀さまのご本願をお聞かせいただいて、気づかせていただいたのです。一人ぼっちで迷いの海を漂う私に、阿弥陀さまの「摂取不捨」の願いがあったのです。
29日(月)
30日(火)
31日(水)