法座(法座概要)

2018年05月

▼ 晨朝勤行

朝のお参りのことを「晨朝(じんじょう)」といいます。朝のひとときを、ご一緒に過ごしてみませんか?

毎朝7時より(1時間程度です) 

▼ 法座日程

をクリックすると法座概要が表示されます。(JavaScriptがオフの場合は常に表示された状態になります)

1日(火)
朝の仏教講座 7:00 ~ 8:20 ※晨朝に引き続き40分間
 髙田 未明/奈良・三山・金臺寺/中央仏教学院講師/実践!やさしい仏教の歩み方
【朝の仏教講座】1日(火)7:00~8:20(晨朝に引き続き約40分間)
『実践(じっせん) ! やさしい仏教(ぶっきょう)の歩(あゆ)み方(かた)』
中央仏教学院講師 髙田 未明(たかた みめい)
お念仏は2才の子どもでも称(とな)えることができます。だからといって決してちっぽけなものではありません。阿弥陀という仏さまから、すでにわたしに開かれている道なのです。自動車の動く仕組みがわかっていなくてもタクシーに乗って目的地にゆくことができます。仏教の道理を知らなくてもお念仏ひとつで浄土に生まれ本当の安心が得られるようにすべてがととのっています。お念仏の道を歩み始めると、阿弥陀さまという本当のわたしの親から、わたしにかけられた願いが知られます。さあ、ご一緒に仏教生活の一歩を踏み出しましょう。
2日(水)
3日(木)
4日(金)
5日(土)
土曜講座 13:30 ~ 15:00
 西上 義昭/大阪・三郡・西教寺/本願寺派布教使/選択
【 土曜講座 】 13:30 ~ 15:00
5日(土)「選択(せんじゃく)」
西上 義昭(にしがみ ぎしょう)(大阪)
私達の日々の暮らしは、何かにつけいろいろと選びながらのものです。うまくいくこともありますが、失敗だったと悔(くや)むことの方が多いことでしょう。それとは違い、仏さまが選ばれたということは、「必ず」「間違いない」と私たちの為(ため)に自らの身をかけて誓って下さったということであるとお聞かせをいただいています。これしかないと選択(せんじゃく)された「南無(なも)阿弥陀仏(あみだぶつ)」を皆さまご一緒に聞かせて頂きましょう。
6日(日)
日曜講演 10:30 ~ 12:00
 三品 唯典/大阪・榎並・蓮生寺/本願寺派布教使/念仏の糸
【 日曜講演 】 10:30 ~ 12:00
6日(日)「念仏(ねんぶつ) の糸(いと)」
三品 唯典(みしな ゆいてん)(大阪)
お経の「経」の字には、たて(縦)の糸という意味があります。このたての糸は、お念仏となり、私の人生を、まっすぐにつらぬいてくださいます。横の糸は、出(で)逢(あ)いであったり、人生の苦楽、私の命のありさまです。「経」とは、真実であり、その反対が私の姿であります。虚仮(こけ)不実(ふじつ)な私につらぬかれている真実。なぜ、私が救われていくのか、皆さまと一緒におあじわいさせていただきます。このたての糸を南無阿弥陀仏といただきます。
7日(月)
8日(火)
9日(水)
10日(木)
11日(金)
婦人会 13:30 ~ 15:00
 足利 孝之
12日(土)
土曜講座 13:30 ~ 15:00 ※法友会併催
 中西 昌弘/大阪・榎並・浄光寺/本願寺派布教使/極重悪人唯称仏
法友会 13:30~ 15:00 ※土曜講座併催
 大阪・榎並・浄光寺/中西 昌弘
仏教讃歌 15:30 ~ 16:30
 田淵 幸三
【 土曜講座 】 13:30 ~ 15:00
12日(土)「極重悪人唯称仏(ごくじゅうあくにんゆいしょうぶつ)」
中西 昌弘(なかにし まさひろ)(大阪)
源信(げんしん)和尚(かしょう)の『往生(おうじょう)要集(ようしゅう)』に「一々の光明、あまねく十方世界の念仏の衆生を照らして、摂取して捨てたまはず。われまたかの摂取のなかにあれども、煩悩、眼(まなこ)を障(さ)へて、見たてまつることあたはずといへども、大悲倦(う)むことなくして、つねにわが身を照らしたまふ」といい、源信和尚の浄土教の結論が述べられています。この言葉に源信和尚の本質を見抜かれた親鸞聖人は、『正信念仏偈』のその功績をたたえて「極重の悪人はただ仏を称すべし・・・」と述べられています。
13日(日)
日曜講演 10:30 ~ 12:00
 髙橋 事久/大阪・大鳥北 ・源光寺/本願寺派布教使/お念仏と歴史
一味会 13:30 ~ 15:30
 大阪・中島東・定専坊/山本 攝叡(2席)/行信教校講師
【 日曜講演 】 10:30 ~ 12:00
13日(日)「お念仏(ねんぶつ)と歴史(れきし)」
髙橋 事久(たかはし ことひさ)(大阪)
往生浄土の教えは、真実にささえられた人間の人間完成を期していく自立の歩みであり、歴史をいとい、大悲を実践していくことを述べるものです。本願他力 - 回向 ? の思想は、人間実存、世間一切を絶対否定し、人間自らの不完全性の自覚と、同時に完全なる如来の願力を主体として生きぬく道、普遍的主体の形成、南無阿弥陀佛のすがたを獲得していくことであります。ここにお念仏によって、切り開かれた地平、尊厳なる人格の呼応しあう世界、友同朋懇(ねんご)ろなる民主主義の社会が形成されていくのであります。
14日(月)
蓮如上人御祥月法要
 14:30~15:30/記念布教
  長谷川 毅正/本願寺派布教使/節談説教 蓮如上人御一代記
 15:40~16:40/記念講演
  寺西 貞弘/元和歌山市立博物館館長・関西大学講師
  蓮如上人の大坂坊舎建立と大阪人気質
15日(火)
常例布教 15日(火) 晨朝~17日(木) 日中
 宏林 晃信/兵庫・阪神南 ・浄元寺/本願寺派布教使/まよいとすくい
【常例布教】15日(火)晨朝 ~ 17日(木)日中
「まよいとすくい」 
宏林 晃信(ひろばやし こうしん)(兵庫)
『浄土真宗の教章(きょうしょう)(私の歩む道)』の「教義」に「阿弥陀如来の本願力によって信心をめぐまれ、念仏を申す人生を歩み、この世の縁が尽きるとき浄土に生まれて仏となり、迷いの世に還(かえ)って人々を教化(きょうけ)する」とのお示しです。その点を中心として、様々な角度から、「まよいとすくい」という講題で、皆さまと共に、み教えに問い聞かせて頂くご縁になればと思っております。
16日(水)
常例布教 15日(火) 晨朝~17日(木) 日中
 宏林 晃信/兵庫・阪神南 ・浄元寺/本願寺派布教使/まよいとすくい
【常例布教】15日(火)晨朝 ~ 17日(木)日中
「まよいとすくい」 
宏林 晃信(ひろばやし こうしん)(兵庫)
『浄土真宗の教章(きょうしょう)(私の歩む道)』の「教義」に「阿弥陀如来の本願力によって信心をめぐまれ、念仏を申す人生を歩み、この世の縁が尽きるとき浄土に生まれて仏となり、迷いの世に還(かえ)って人々を教化(きょうけ)する」とのお示しです。その点を中心として、様々な角度から、「まよいとすくい」という講題で、皆さまと共に、み教えに問い聞かせて頂くご縁になればと思っております。
17日(木)
常例布教 15日(火) 晨朝~17日(木) 日中
 宏林 晃信/兵庫・阪神南 ・浄元寺/本願寺派布教使/まよいとすくい
【常例布教】15日(火)晨朝 ~ 17日(木)日中
「まよいとすくい」 
宏林 晃信(ひろばやし こうしん)(兵庫)
『浄土真宗の教章(きょうしょう)(私の歩む道)』の「教義」に「阿弥陀如来の本願力によって信心をめぐまれ、念仏を申す人生を歩み、この世の縁が尽きるとき浄土に生まれて仏となり、迷いの世に還(かえ)って人々を教化(きょうけ)する」とのお示しです。その点を中心として、様々な角度から、「まよいとすくい」という講題で、皆さまと共に、み教えに問い聞かせて頂くご縁になればと思っております。
18日(金)
19日(土)
土曜講座 13:30 ~ 15:00
 永井 了祥/大阪・茨田・浄宗寺/本願寺派布教使/つながりの中で・・・・
【 土曜講座 】 13:30 ~ 15:00
19日(土)「つながりの中で・・・」永井 了祥(ながい りょうしょう)(大阪)
浄土真宗という宗教は、人間の欲望を満足させるためのものでもなければ、何か特別なことを信じなさいという宗教でもありません。自然の道理・この世の道理であります。その道理とは、みんながつながっておりますという縁起(えんぎ)の法(ほう)であります。つながりがなければ何も生まれませんし、つながりがなければ何も起こりません。すべてのものが因となり縁となりつながっています。そのつながりの中で生かされていることを、あらためて考えさせていただきましょう
20日(日)
親鸞聖人降誕会
11:00 ~ 12:00/記念布教/義本 弘導/本願寺派布教使/大聖の真言に歸し
13:00 ~ 14:00/記念講演/笑福亭仁智/落語 親鸞聖人ものがたり
13:30 ~15:30/廣輪会/親鸞聖人降誕会参拝
21日(月)
22日(火)
23日(水)
24日(木)
25日(金)
26日(土)
土曜講座 13:30 ~ 15:00
 木村 義文/大阪・日根・専徳寺/本願寺派布教使/疑蓋無雑
【 土曜講座 】 13:30 ~ 15:00
26日(土)「疑蓋無雑(ぎがいむぞう)」
木村 義文(きむら ぎもん)(大阪)
蓋(ふた)は覆(おお)いつくすもの。「臭(くさ)い物に蓋」とは、人に知られると困るような物事を、一時しのぎに覆い隠すこと。例文には、「臭い物に蓋をするようなことばかりしているから、事態はますます悪くなっていくばかりだ」、とあります。報道では各省庁の改ざんや隠蔽(いんぺい)が表面化。内省(ないせい)とはほど遠い状態で、その場しのぎに明け暮れているようにしか見えません。官僚という、きわめて優れた知性も、所詮は虚仮(こけ)でしかないようです。自力を離れ、智慧(ちえ)に触れることがいかに大切なことであるかを痛感いたします。
27日(日)
日曜講演 10:30 ~ 12:00
 安方 慶哉/大阪・南郡・正満寺/本願寺派布教使/願われている私
【 日曜講演 】 10:30 ~ 12:00
27日(日)「願(ねが)われている私(わたし)」
安方 慶哉(やすかた けいや)(大阪)
阿弥陀さまという仏さまは、私にあれをしなさい、これをしなさいとはおっしゃいません。一生懸命お念仏申しなさいとも、お浄土に参るために努力をしなさいともおっしゃいません。ただ「あなたを救う仏がおるぞ」と私にはたらいてくださっています。私が願うのではなく、阿弥陀さまの方が私を願ってくださっておりました。そんな阿弥陀さまに願われた私がここにいるということを共々にお聞かせにあずかれればと思います。
28日(月)
29日(火)
30日(水)
31日(木)