法座(法座概要)

2013年9月

をクリックすると法座概要が表示されます。(JavaScriptがオフの場合は常に表示された状態になります)
1日(日)
朝の仏教講座  7:00 ~ 8:20 ※晨朝に引き続き40分間
 豊島 学恵/関西テレビ報道番組部ディレクター/ニュースの言葉と真宗
日曜講演 10:30 ~ 12:00
 石﨑 博敍/本願寺派布教使(大阪教区天野南組大圓寺)/すくいと歩み 
お花講 13:30 ~ 15:30
 石﨑 博敍/本願寺派布教使(大阪教区天野南組大圓寺)
【朝の仏教講座 】 1日(木) 7:00~8:20
「 ニュースの言葉(ことば)と真宗(しんしゅう)
関西テレビ報道番組部ディレクター  豊島 学恵(とよしま がくえ)
放送局では、言葉遣いで人を傷つけたり、誤解を生じさせたりしないように、いろいろなルールを決めています。しかし、時にはルールを破ってしまうこともあります。たとえば「他力本願」という言葉。放送の中で、間違った使い方をされることが多い言葉です。「人任せでよい結果を期待する無責任な態度」をさす言葉として使う人は少なくありません。そんな用法がニュース番組でなされたので、誤りを指摘したことがあります。その時に感じたことを手掛かりに、真宗について考えたいと思います。

【 日曜講演 】 10:30 ~ 12:00
1日(日)「 すくいと歩(あゆ)み 」
石﨑 博敍(いしざき ひろのぶ)(大 阪)
浄土真宗は「今、ココの、私の"すくい"」をお聞かせいただくのですが、ややもすると観念的になり、法話(み教え)を聞くことと実際の生活が乖離(かいり)してはいないでしょうか。
この度は、親鸞聖人のお言葉を頼りとして親鸞聖人の生き様を伺い学び、私たちの"すくい"のすがたを味わいたいと思います。
2日(月)
3日(火)
4日(水)
5日(木)
6日(金)
7日(土)
土曜講座 13:30 ~ 15:00
 藤原 修/本願寺派布教使(大阪教区河中南組正善寺)/念仏者の歩む道
【 土曜講座 】 13:30 ~ 15:00
7日(土)「 念仏者(ねんぶつしゃ)の歩(あゆ)む道(みち)
藤原 修(ふじわら おさむ)(大 阪)
「浄土真宗の生活信条」2条には「み仏の光をあおぎ、常にわが身をかえりみて感謝のうちに励みます」とあって、念仏者の歩むべき道が示されています。
自分自身の有り様の自覚(めざめ)と、そんな私自身が仏さまのはたらきの目当てであったのだという気づき。この目覚めと気づきこそ、おかげさまと生き抜く念仏者の生活のすがたであり、このすがたを無碍の一道というのです。
8日(日)
日曜講演 10:30 ~ 12:00
 岩田 利弘/本願寺派布教使(大阪教区島中南組西養寺)/世の盲冥をてらすなり
一味会 13:30 ~ 15:30
 梯 實圓/行信教校 名誉校長・勧学
 髙田 慈昭/行信教校 講師・司教
【 日曜講演 】 10:30 ~ 12:00
8日(日)「 世(せ)の盲冥(もうみょう)をてらすなり 」
岩田 利弘(いわた としひろ)(大 阪)
「正信偈和讃」のおつとめで、最もなじみ深いご和讃を味わってまいります。
「世の盲冥」とは、欲も多く、いかり腹立ち、そねみ、ねたむ心に絶えずふりまわされている「私」の姿であります。その「私」を決して捨てないと十劫のはるか昔におさとりを開かれ、ひとときも休むことなく照らし続けてくださる阿弥陀さまに気づかせていただくのです。
9日(月)
10日(火)
11日(水)
12日(木)
13日(金)
婦人会 13:30 ~ 15:00
 髙橋 事久/本願寺派布教使(大阪教区大鳥北組源光寺)
14日(土)
常例布教 14日(土)逮夜 ~ 17日(火)日中
 磯山 霊秀/本願寺派布教使(福井教区福井組法専寺)/人と生まれて
法友会
 13:30 ~ 15:00 ※常例併催
  磯山 霊秀/本願寺派布教使(福井教区福井組法専寺)
 15:30 ~ 16:30
  潮留 寛志/勤式練習
【 常例布教 】 14日(土)~17日(火)
「 人(ひと)と生(う)まれて 」
磯山 霊秀(いそやま れいしゅう)(福 井)
親鸞聖人は法然聖人とお出会いになられたことに大きな喜びを表明されています。この方と会えなかったならば空しい人生になってしまうところでしたが、お会いできたことによって「必ずあなたを救いとる」という如来の本願のみ教えをお聞かせいただきました。おかげで悔いのない人生となりました、ということです。
私たちも親鸞聖人の喜ばれたことを味わい、人と生まれてよかったと言える人生にしたいものです。
15日(日)
常例布教 14日(土)逮夜 ~ 17日(火)日中
 磯山 霊秀/本願寺派布教使(福井教区福井組法専寺)/人と生まれて
廣輪会 13:30 ~ 15:00 ※常例併催
 磯山 霊秀/本願寺派布教使(福井教区福井組法専寺)
【 常例布教 】 14日(土)~17日(火)
「 人(ひと)と生(う)まれて 」
磯山 霊秀(いそやま れいしゅう)(福 井)
親鸞聖人は法然聖人とお出会いになられたことに大きな喜びを表明されています。この方と会えなかったならば空しい人生になってしまうところでしたが、お会いできたことによって「必ずあなたを救いとる」という如来の本願のみ教えをお聞かせいただきました。おかげで悔いのない人生となりました、ということです。
私たちも親鸞聖人の喜ばれたことを味わい、人と生まれてよかったと言える人生にしたいものです。
16日(月)
常例布教 14日(土)逮夜 ~ 17日(火)日中
 磯山 霊秀/本願寺派布教使(福井教区福井組法専寺)/人と生まれて
【 常例布教 】 14日(土)~17日(火)
「 人(ひと)と生(う)まれて 」
磯山 霊秀(いそやま れいしゅう)(福 井)
親鸞聖人は法然聖人とお出会いになられたことに大きな喜びを表明されています。この方と会えなかったならば空しい人生になってしまうところでしたが、お会いできたことによって「必ずあなたを救いとる」という如来の本願のみ教えをお聞かせいただきました。おかげで悔いのない人生となりました、ということです。
私たちも親鸞聖人の喜ばれたことを味わい、人と生まれてよかったと言える人生にしたいものです。
17日(火)
常例布教 14日(土)逮夜 ~ 17日(火)日中
 磯山 霊秀/本願寺派布教使(福井教区福井組法専寺)/人と生まれて
【 常例布教 】 14日(土)~17日(火)
「 人(ひと)と生(う)まれて 」
磯山 霊秀(いそやま れいしゅう)(福 井)
親鸞聖人は法然聖人とお出会いになられたことに大きな喜びを表明されています。この方と会えなかったならば空しい人生になってしまうところでしたが、お会いできたことによって「必ずあなたを救いとる」という如来の本願のみ教えをお聞かせいただきました。おかげで悔いのない人生となりました、ということです。
私たちも親鸞聖人の喜ばれたことを味わい、人と生まれてよかったと言える人生にしたいものです。
18日(水)
19日(木)
20日(金)
秋季彼岸会 20日晨朝 ~ 22日逮夜
 藤 俊乗/本願寺派布教使(和歌山教区紀南組善福寺)/フツとたすからぬ身が
【 秋季彼岸会法座 】20日(金) ~ 22日(日)
「 フツとたすからぬ身(み)が 」
藤 俊乗(ふじ しゅんじょう)(和歌山)
牽く足も、合わす手も、称ふる口も、みな願力の為せるなり。私たちは毎日、息を吸うたり吐いたりして生きています。ところが普段は、そのことに少しも気にかけないでいます。牛の背に草の把を積みながら、ふいっとわからせてもらった源左さんのように、如来さんのおおせが私のものとなったところをさして、ご信心の人と申します。他力の信はすべて如来さまのおこころのままです。如来さまのお呼び声が私のところに届いたときに、自力のこころがなくなります。
21日(土)
秋季彼岸会 20日晨朝 ~ 22日逮夜
 藤 俊乗/本願寺派布教使(和歌山教区紀南組善福寺)/フツとたすからぬ身が
【 秋季彼岸会法座 】20日(金) ~ 22日(日)
「 フツとたすからぬ身(み)が 」
藤 俊乗(ふじ しゅんじょう)(和歌山)
牽く足も、合わす手も、称ふる口も、みな願力の為せるなり。私たちは毎日、息を吸うたり吐いたりして生きています。ところが普段は、そのことに少しも気にかけないでいます。牛の背に草の把を積みながら、ふいっとわからせてもらった源左さんのように、如来さんのおおせが私のものとなったところをさして、ご信心の人と申します。他力の信はすべて如来さまのおこころのままです。如来さまのお呼び声が私のところに届いたときに、自力のこころがなくなります。
22日(日)
秋季彼岸会 20日晨朝 ~ 22日逮夜
 藤 俊乗/本願寺派布教使(和歌山教区紀南組善福寺)/フツとたすからぬ身が
【 秋季彼岸会法座 】20日(金) ~ 22日(日)
「 フツとたすからぬ身(み)が 」
藤 俊乗(ふじ しゅんじょう)(和歌山)
牽く足も、合わす手も、称ふる口も、みな願力の為せるなり。私たちは毎日、息を吸うたり吐いたりして生きています。ところが普段は、そのことに少しも気にかけないでいます。牛の背に草の把を積みながら、ふいっとわからせてもらった源左さんのように、如来さんのおおせが私のものとなったところをさして、ご信心の人と申します。他力の信はすべて如来さまのおこころのままです。如来さまのお呼び声が私のところに届いたときに、自力のこころがなくなります。
23日(月)
秋季彼岸会 23日晨朝 ~ 26日日中
 竹田 嘉円/本願寺派布教使(安芸教区安芸南組明円寺)/今でしょ!
【 秋季彼岸会法座 】23日(月) ~ 26日(木)
「 今(いま)でしょ! 」
竹田 嘉円(たけだ よしまる)(安 芸)
「過去や未来を思い煩うな。智者は今を生きる」。 『法句経』
人は、いくら過去を悔やんでも、未来を不安に思っても、今しか生きられません。
じゃ今、何を大切にして、どう生きることが本当なのか?それを明らかにしてくださっているのが仏さまなのです。
ともに仏さまのみ教えをお聴聞させていただきながら、いただいたいのちを少しでも有意義に過ごせる人になっていきましょう。
24日(火)
秋季彼岸会 23日晨朝 ~ 26日日中
 竹田 嘉円/本願寺派布教使(安芸教区安芸南組明円寺)/今でしょ!
【 秋季彼岸会法座 】23日(月) ~ 26日(木)
「 今(いま)でしょ! 」
竹田 嘉円(たけだ よしまる)(安 芸)
「過去や未来を思い煩うな。智者は今を生きる」。 『法句経』
人は、いくら過去を悔やんでも、未来を不安に思っても、今しか生きられません。
じゃ今、何を大切にして、どう生きることが本当なのか?それを明らかにしてくださっているのが仏さまなのです。
ともに仏さまのみ教えをお聴聞させていただきながら、いただいたいのちを少しでも有意義に過ごせる人になっていきましょう。
25日(水)
秋季彼岸会 23日晨朝 ~ 26日日中
 竹田 嘉円/本願寺派布教使(安芸教区安芸南組明円寺)/今でしょ!
【 秋季彼岸会法座 】23日(月) ~ 26日(木)
「 今(いま)でしょ! 」
竹田 嘉円(たけだ よしまる)(安 芸)
「過去や未来を思い煩うな。智者は今を生きる」。 『法句経』
人は、いくら過去を悔やんでも、未来を不安に思っても、今しか生きられません。
じゃ今、何を大切にして、どう生きることが本当なのか?それを明らかにしてくださっているのが仏さまなのです。
ともに仏さまのみ教えをお聴聞させていただきながら、いただいたいのちを少しでも有意義に過ごせる人になっていきましょう。
26日(木)
秋季彼岸会 23日晨朝 ~ 26日日中
 竹田 嘉円/本願寺派布教使(安芸教区安芸南組明円寺)/今でしょ!
【 秋季彼岸会法座 】23日(月) ~ 26日(木)
「 今(いま)でしょ! 」
竹田 嘉円(たけだ よしまる)(安 芸)
「過去や未来を思い煩うな。智者は今を生きる」。 『法句経』
人は、いくら過去を悔やんでも、未来を不安に思っても、今しか生きられません。
じゃ今、何を大切にして、どう生きることが本当なのか?それを明らかにしてくださっているのが仏さまなのです。
ともに仏さまのみ教えをお聴聞させていただきながら、いただいたいのちを少しでも有意義に過ごせる人になっていきましょう。
27日(金)
28日(土)
土曜講座 13:30 ~ 15:00
 野村 康治/本願寺派布教使(大阪教区中島東組瑞松寺)/どこから「いのち」?どこまで「いのち」?"
【 土曜講座 】 13:30 ~ 15:00
28日(土)「 どこから『いのち』?
どこまで『いのち』? 」
野村 康治(のむら こうじ)(大 阪)
今年4月1日に出生前の診断について改められました。医学・医療はその進歩のなかでいくつかの病を克服し、いくつかの病については予防も可能となりました。
そのような中で、お腹の子どもの障害を見極める診断が生まれてきました。生まれてきた意味のあるいのち?
この度は、今の現実を親鸞聖人のみ教えにきいていきたいと思います。
29日(日)
日曜講演 10:30 ~ 12:00
 寺本 正尚/本願寺派布教使(大阪教区中島組萬福寺)/筆痕を辿る
【 日曜講演 】 10:30 ~ 12:00
29日(日)「 筆痕(ふであと)を辿(たど)る 」
寺本 正尚(てらもと まさなお)(大 阪)
「写経」が静かなブームです。近年では、写すことそのものに功徳や心の落ち着きを求めるなど、本来の目的から発展して考えられるようになっています。しかし元来は、仏典の研修や講義、そして流布のためのものでした。親鸞聖人も北関東に滞在されていたとき、「一切経」の写本校正作業に従事されていたようです。コピーや印刷技術が向上した現在、書き写すという作業は少なくなりましたが、写本の筆痕に触れるとき、古人の息吹さえそこに感じるのです。
30日(月)