法座(法座概要)

2016年1月

をクリックすると法座概要が表示されます。(JavaScriptがオフの場合は常に表示された状態になります)
1日(金)
2日(土)
3日(日)
4日(月)
5日(火)
6日(水)
7日(木)
8日(金)
9日(土)
土曜講座 13:30 ~ 15:00
 西村 哲夫/本願寺派布教使(大阪教区河中北組浄福寺)
 浄土から必ず救うのメッセージ
法友会 15:30 ~ 16:30 土曜講座併催 
 13:30~ 勤式練習
【 土曜講座 】 13:30 ~ 15:00
9日(土) 「 浄土から必ず救うのメッセージ 」
西村 哲夫(にしむら てつゆう)(大 阪)
父の日・母の日と両親への誕生日プレゼントを欠かさない親孝行の娘2人。お父さまが往生されると誕生日に変わってご命日にお仏壇へお供え物のプレゼントをなさるそうです。高価なお供え物も良いけれど、何よりお念仏一つがあたたかいプレゼントとなりました。
プレゼントしたと思っていたことが、お浄土からのプレゼントといただきます。南無阿弥陀仏というメッセージが心に響いたのです。そして、共々にお念仏の人となられました。
10日(日)
日曜講演 10:30 ~ 12:00
 戸川 教宏/本願寺派布教使(大阪教区交野組勝圓寺)/そのままの救い
一味会(報恩講) 13:00 ~ 15:30
 髙田 慈昭/行信教校講師・司教
 利井 唯明/行信教校校長
 山本 攝叡/行信教校講師
【 日曜講演 】 10:30 ~ 12:00
10日(日)「 そのままのすくい 」
戸川 教宏(とがわ のりひろ)(大 阪)
私は何故に念仏をするのか、仏法を聞くのか。それは阿弥陀さまが私をそう育てたからでしょう。お念仏を聞いても、よろこぶ人とよろこばない人がいます。しかしよろこぶ私に、いったい何の努力があったでしょう。阿弥陀さまは、一方的でした。私がイランと言おうが、バカにしようが、一方的に私を無視できなかったのです。
今振り返れば、私はそっくりそのまま阿弥陀さまのお育てくださった私です。人生の苦も楽も、阿弥陀さまがそうせねばどうにもならない私であったのです。

11日(月)
12日(火)
13日(水)
婦人会 13:30 ~ 15:00
 田淵 幸三/本願寺派布教使(大阪教区)
14日(木)
常例布教 14日(木)~17日(日)
 佐々木 蓮乘/本願寺派布教使(兵庫教区宍粟組西願寺)/親鸞聖人と私達を結ぶもの
【 常例布教 】 14日(木) ~17日(日)
「 親鸞聖人(しんらんしょうにん)と私達(わたしたち)を結(むす)ぶもの 」
佐々木 蓮乘(ささき れんじょう)(兵 庫)
播州地方の少し前までの御門徒がたは、報恩講法要のおり、住職が拝読される『御伝鈔』を拝聴されている時、すすり泣きながらお念仏されていたそうです。聖人のご苦労を我が身に引き寄せておられた事が考えられます。これは何も、播州だけにかかわらず、全国的にそんな御門徒がたくさんおられたことであろうとうかがいます。
そこで、今一度、親鸞さまと私達をつなぐ事実として、
1、師弟関係  
2、逆境 
3、二菩薩観 
4、使命観 
この4点を中心にお話させていただきます。
15日(金)
常例布教 14日(木)~17日(日)
 佐々木 蓮乘/本願寺派布教使(兵庫教区宍粟組西願寺)/親鸞聖人と私達を結ぶもの
【 常例布教 】 14日(木) ~17日(日)
「 親鸞聖人(しんらんしょうにん)と私達(わたしたち)を結(むす)ぶもの 」
佐々木 蓮乘(ささき れんじょう)(兵 庫)
播州地方の少し前までの御門徒がたは、報恩講法要のおり、住職が拝読される『御伝鈔』を拝聴されている時、すすり泣きながらお念仏されていたそうです。聖人のご苦労を我が身に引き寄せておられた事が考えられます。これは何も、播州だけにかかわらず、全国的にそんな御門徒がたくさんおられたことであろうとうかがいます。
そこで、今一度、親鸞さまと私達をつなぐ事実として、
1、師弟関係  
2、逆境 
3、二菩薩観 
4、使命観 
この4点を中心にお話させていただきます。
16日(土)
常例布教 14日(木)~17日(日)
 佐々木 蓮乘/本願寺派布教使(兵庫教区宍粟組西願寺)
 親鸞聖人と私達を結ぶもの
【 常例布教 】 14日(木) ~17日(日)
「 親鸞聖人(しんらんしょうにん)と私達(わたしたち)を結(むす)ぶもの 」
佐々木 蓮乘(ささき れんじょう)(兵 庫)
播州地方の少し前までの御門徒がたは、報恩講法要のおり、住職が拝読される『御伝鈔』を拝聴されている時、すすり泣きながらお念仏されていたそうです。聖人のご苦労を我が身に引き寄せておられた事が考えられます。これは何も、播州だけにかかわらず、全国的にそんな御門徒がたくさんおられたことであろうとうかがいます。
そこで、今一度、親鸞さまと私達をつなぐ事実として、
1、師弟関係  
2、逆境 
3、二菩薩観 
4、使命観 
この4点を中心にお話させていただきます。
17日(日)
常例布教 14日(木)~17日(日)
 ※午後より廣輪会例会
 佐々木 蓮乘/本願寺派布教使(兵庫教区宍粟組西願寺)/親鸞聖人と私達を結ぶもの
廣輪会 13:30 ~ 15:00
 佐々木 蓮乘/本願寺派布教使(兵庫教区宍粟組西願寺)
【 常例布教 】 14日(木) ~17日(日)
「 親鸞聖人(しんらんしょうにん)と私達(わたしたち)を結(むす)ぶもの 」
佐々木 蓮乘(ささき れんじょう)(兵 庫)
播州地方の少し前までの御門徒がたは、報恩講法要のおり、住職が拝読される『御伝鈔』を拝聴されている時、すすり泣きながらお念仏されていたそうです。聖人のご苦労を我が身に引き寄せておられた事が考えられます。これは何も、播州だけにかかわらず、全国的にそんな御門徒がたくさんおられたことであろうとうかがいます。
そこで、今一度、親鸞さまと私達をつなぐ事実として、
1、師弟関係  
2、逆境 
3、二菩薩観 
4、使命観 
この4点を中心にお話させていただきます。
18日(月)
19日(火)
20日(水)
21日(木)
22日(金)
23日(土)
土曜講座 13:30 ~ 15:00
 星野 親行/本願寺派布教使(大阪教区豊島南組西法寺)
 生まれんと欲え
【 土曜講座 】 13:30 ~ 15:00
23日(土)「 生(う)まれんと欲(おも)え 」
星野 親行(ほしの しんぎょう)(大 阪)
「たとひわれ仏(ぶつ)を得(え)たらんに、十方(じっぽう)の衆生(しゅじょう)、至心(ししん)信楽(しんぎょう)してわが国(くに)に生(しょう)ぜんと欲(おも)ひて、乃至(ないし)十念(じゅうねん)せん。もし生(しょう)ぜずは、正覚(しょうがく)を取(と)らじ。ただ五(ご)逆(ぎゃく)と誹謗(ひほう)正法(しょうぼう)とをば除(のぞ)く」
 『仏説無量寿経』に説かれた阿弥陀さまの第十八願のお言葉です。ここに「わが国に生ぜんと欲ひて」といわれたご本願のお言葉が、私にとってどういう意味を持っているのか・・・
あらためてご一緒にお聞かせいただきたいと思います。
24日(日)
日曜講演 10:30 ~ 12:00
 江波 正信/本願寺派布教使(大阪教区川北組専光寺)
 信は願より生ずれば 念仏成仏自然なり
【 日曜講演 】 10:30 ~ 12:00
24日(日)「 信(しん)は願(がん)より生(しょう)ずれば 念仏(ねんぶつ)成仏(じょうぶつ)自然(じねん)なり 」
江波 正信(えなみ しょうしん)(大 阪)
この和讃ほど、浄土真宗の信心を的確に厳しく表現した文句はありません。浄土真宗以外では、たとえ菩提を求めるにしても、信心は行者自身のものとするのが当然です。
他力の信心という言葉は、余宗には通じないはずです。阿弥陀さまの広大な慈悲智慧から生じせしめられる信心だからこそ、凡夫の信心も金剛の信心と名付けられます。それほど、私たちの信心は尊いものだと知らねばなりません。だからこそ、成仏は必然性を持ったものになるのでしょう。
25日(月)
26日(火)
27日(水)
28日(木)
29日(金)
30日(土)
土曜講座 13:30 ~ 15:00
 山本 攝叡/本願寺派布教使(大阪教区中島東組定専坊)
 念仏の作法
【 土曜講座 】 13:30 ~ 15:00
30日(土)「 念仏(ねんぶつ)の作法(さほう) 」
山本 攝叡(やまもと せつえい)(大 阪)
法然聖人は念仏について、明確に日課を定めよと仰っています。ただそれは、数多くの念仏をしなければ往生が定まらない、と言われているのではありません。「行」としての念仏のすがたを言われるのです。浄土真宗では念仏を「報恩」と位置づけしますが、それによって我々は念仏を疎かにしてはいないか。法然聖人のお言葉を伺ってみたいと思います。
31日(日)
日曜講演 10:30 ~ 12:00
 加藤 真悟/本願寺派布教使(大阪教区讃良組自然寺)
 「あなたを放っておけない」と…私にはたらく仏さま
一味会 13:30 ~ 15:30
 天岸 淨圓/行信教校講師
 中西 昌弘/行信教校講師
【 日曜講演 】 10:30 ~ 12:00
31日(日)「 『あなたを放(ほう)っておけない』と・・・私(わたし)にはたらく仏(ほとけ)さま」
加藤 真悟(かとう しんご)(大 阪)
偽りに満ちた世界を、戸惑いながら右往左往し、留まることを知らぬ私。その私の姿をご覧になって、仏さまは「とても放ってはおけない」とご本願を発してくださいました。その願いは、今現に、私を導き、支える声の仏さまとなって、いついかなる時も、はたらき続けてくださっているのです。