法座(法座概要)

2016年9月

▼ 晨朝勤行

朝のお参りのことを「晨朝(じんじょう)」といいます。朝のひとときを、ご一緒に過ごしてみませんか?

毎朝7時より(1時間程度です) 

▼ 法座日程

をクリックすると法座概要が表示されます。(JavaScriptがオフの場合は常に表示された状態になります)

1日(木)
朝の仏教講座 7:00 ~ ※晨朝に引き続き40分間
 豊島 学恵/関西テレビ 報道番組部ディレクター(大阪教区大阪西組覺円寺)/テレビと真宗
朝の仏教講座 1日(木) 7:00~8:20
「テレビと真宗(しんしゅう)」
関西テレビ 報道番組部ディレクター/豊島 学恵(とよしま がくえ)(大阪)
テレビは最近、斜陽です。若い人の楽しみはもっぱらインターネットになり、テレビを見なくなっています。もうテレビは時代の最先端でも、社会を写す鏡でもなくなっているようだと言われます。もう一度、あの日の輝きを取り戻したい…と意気込むテレビ関係者は少なくありませんが、茶の間でテレビを囲んで家族が団らんするような光景が将来によみがえるだろうと考えるのは、私は楽観的すぎるように思います。
では、どうするのか。各家にお仏壇があって、時々は親戚が集まって法事をしたりするのが普通だった時代を懐かしむお寺さんの悩みと似ています。家族や地域社会のつながりが希薄になっていることが共通の背景として挙げられそうです。
私は、個人が尊重される風潮が悪いとは思いませんが、旧来的な人間関係が以前ほど人間を縛らなくなり、そこで悩みを抱える人も出てきています。それに応じていくことが、テレビにできるかどうかはわかりませんが、真宗にとっては、むしろ「ここぞ」という出番ではないかとも思います。
そんなことを考えながら、お話をさせていただきたいと思います。
2日(金)
3日(土)
土曜講座 10:30 ~ 12:00
 藤 正史/本願寺派布教使(大阪教区南郡組慈光寺)/自他ともに心豊かに生きる
土曜講座 10:30 ~ 12:00
3日(土) 「自他(じた)ともに心豊(こころゆた)かに生(い)きる」
藤 正史(ふじ まさし)(大阪)
浄土真宗の教章の中に「この宗門は、親鸞聖人の教えを仰ぎ、念仏を申す人々の集う同朋教団であり、人々に阿弥陀如来の智慧と慈悲を伝える教団である。それによって、自他ともに心豊かに生きることのできる社会の実現に貢献する。」とあります。
私が如来から信心を賜ることが、「自他ともに心豊かに生きる」ということに、どう結び付くのでしょうか。
「度衆生の心はこれ 利他真実の信心なり」(高僧和讃)
衆生を救済したい心とは、他者に心開かれていく姿ではないでしょうか。
4日(日)
日曜講演 10:30 ~ 12:00
 塚田 博教/本願寺派布教使(大阪教区豊島北組教學寺)/平生と臨終
日曜講演 10:30 ~ 12:00
4日(日) 「平生(へいぜい)と臨終(りんじゅう)」
塚田 博教(つかだ ひろのり)(大阪)
最近、「終活」という言葉をあちらこちらで見るようになりました。どのように死ぬかというより、どのような葬儀をしてもらうか、どのようなお墓を造るか、それらが大きな関心事になっているそうです。
これらも大切なことだと思うのですが、みなさんはどんな気持ちで看取られたいと思いますか。どんな気持ちで看取りたいと思いますか。
そんなことを皆様と共に考えてみたいと思います。
5日(月)
6日(火)
7日(水)
8日(木)
9日(金)
10日(土)
土曜講座 10:30 ~ 12:00 ※法友会併催
 西原 法興/本願寺派布教使(大阪教区河中北組浄向寺)/六字釈義
法友会 12:30 ~ 13:30
 田淵 幸三/仏教讃歌
土曜講座 10:30 ~ 12:00
10日(土) 「六字釈義(ろくじしゃくぎ)」
西原 法興(にしはら ほうこう)(大阪)
われわれ念仏者の生活は、「南無阿弥陀仏」のお六字と共にあるといってもよいでしょう。
善導大師や親鸞聖人によってあきらかにしてくださった「南無阿弥陀仏」のお名号の真意を聞かせていただきます。
また、お名号は決して固然としたものではありません。そのお働きについても、例話を用いながらお話をさせていただきます。
11日(日)
日曜講演 10:30 ~ 12:00
 戸川 教宏/本願寺派布教使(大阪教区交野組勝圓寺)/何故、阿弥陀如来、浄土真宗なのか
一味会 13:30 ~ 15:30
 山本 攝叡/行信教行 講師
 髙田 慈昭/行信教行 講師・司教
日曜講演 10:30 ~ 12:00
11日(日) 「何故(なぜ)、阿弥陀如来(あみだにょらい)、浄土真宗(じょうどしんしゅう)なのか」
戸川 教宏(とがわ のりひろ)(大阪)
基本的な私の頭は教育の論理です。苦しみ、悲しみを乗り越えた先に幸せがあると思っています。娑婆の苦悩は想像以上に深く、虚妄な価値判断しかできない凡夫には、超えることが出来ません。この矛盾が私であり、阿弥陀如来の慈悲の目当てです。
浄土真宗とは、この阿弥陀如来が凡夫相応の仏となる、つまり法蔵菩薩が凡夫を浄土に往生させる為だけに阿弥陀如来と成るということをいいます。
12日(月)
13日(火)
婦人会 13:30 ~ 15:00
 釋迦 浩爾/本願寺派布教使(滋賀教区高島組淨願寺)
14日(水)
常例布教 14日(水) ~ 17日(土)
 山本 昭淳/本願寺派布教使(東京教区麻布組長玄寺)/お念仏と共に
常例布教 14日(水)逮夜~17日(土)日中
「お念仏(ねんぶつ)と共(とも)に」
山本 昭淳(やまもと しょうじゅん)(東京)
先日、ご門徒さんからこのような質問がありました。「阿弥陀さまのお救いは、今はたらいてくださる。と聞かせていただいていますが、私には、はたらきがわかりません。」と聞かれました。とてもありがたい質問でした。阿弥陀さまのお念仏の中で、日暮しさせていただいている事に気づけない私です。しかし、阿弥陀さまは「まかせよ。そのまま救う」とお念仏となり、おはたらき下さいます。
皆様と共にお念仏のはたらきを聞かせていただきましょう。
15日(木)
常例布教 14日(水) ~ 17日(土)
 山本 昭淳/本願寺派布教使(東京教区麻布組長玄寺)/お念仏と共に
常例布教 14日(水)逮夜~17日(土)日中
「お念仏(ねんぶつ)と共(とも)に」
山本 昭淳(やまもと しょうじゅん)(東京)
先日、ご門徒さんからこのような質問がありました。「阿弥陀さまのお救いは、今はたらいてくださる。と聞かせていただいていますが、私には、はたらきがわかりません。」と聞かれました。とてもありがたい質問でした。阿弥陀さまのお念仏の中で、日暮しさせていただいている事に気づけない私です。しかし、阿弥陀さまは「まかせよ。そのまま救う」とお念仏となり、おはたらき下さいます。
皆様と共にお念仏のはたらきを聞かせていただきましょう。
16日(金)
常例布教 14日(水) ~ 17日(土)
 山本 昭淳/本願寺派布教使(東京教区麻布組長玄寺)/お念仏と共に
常例布教 14日(水)逮夜~17日(土)日中
「お念仏(ねんぶつ)と共(とも)に」
山本 昭淳(やまもと しょうじゅん)(東京)
先日、ご門徒さんからこのような質問がありました。「阿弥陀さまのお救いは、今はたらいてくださる。と聞かせていただいていますが、私には、はたらきがわかりません。」と聞かれました。とてもありがたい質問でした。阿弥陀さまのお念仏の中で、日暮しさせていただいている事に気づけない私です。しかし、阿弥陀さまは「まかせよ。そのまま救う」とお念仏となり、おはたらき下さいます。
皆様と共にお念仏のはたらきを聞かせていただきましょう。
17日(土)
常例布教 14日(水) ~ 17日(土)
 山本 昭淳/本願寺派布教使(東京教区麻布組長玄寺)/お念仏と共に
常例布教 14日(水)逮夜~17日(土)日中
「お念仏(ねんぶつ)と共(とも)に」
山本 昭淳(やまもと しょうじゅん)(東京)
先日、ご門徒さんからこのような質問がありました。「阿弥陀さまのお救いは、今はたらいてくださる。と聞かせていただいていますが、私には、はたらきがわかりません。」と聞かれました。とてもありがたい質問でした。阿弥陀さまのお念仏の中で、日暮しさせていただいている事に気づけない私です。しかし、阿弥陀さまは「まかせよ。そのまま救う」とお念仏となり、おはたらき下さいます。
皆様と共にお念仏のはたらきを聞かせていただきましょう。
18日(日)
日曜講演 10:30 ~ 12:00 ※13:30~15:00廣輪会
 喜多 唯信/本願寺派布教使(大阪教区茅渟組光瀧寺)/悪人とは誰か
廣輪会 13:30 ~ 15:00
 喜多 唯信/本願寺派布教使(大阪教区茅渟組光瀧寺)
日曜講演 10:30 ~ 12:00
18日(日) 「悪人(あくにん)とは誰(だれ)か」
喜多 唯信(きた ゆいしん)(大阪)
宗教は「善」と「悪」を問題にする場合が有ります。仏教は善因楽果・悪因苦果という縁起の教えを説きます。この場合の善とは、悪とは、一体何でしょうか?
また、浄土真宗では、悪人正機の教えが示されています。では悪人とは一体誰のことを指しているのでしょうか?この度のご縁では、このような事を味わせていただきたいと思います。
19日(月)
秋季彼岸会 19日晨朝 ~ 21日逮夜
 長原 真了/本願寺派布教使(長野教区河西組善立寺)/わたしもまた旅人
秋季彼岸会法座 19日(月) 晨朝~ 21日(水)逮夜
「わたしもまた旅人(たびびと)」
長原 真了(ながはら しんりょう)(長野)
火宅無常の世界~苦悩の日常に埋没する私の前にあらわされたひとつの道。〈行け〉と〈来れ〉の声を疑いなく聞き受けて、如来にすべてをまかせて浄土への道を歩む私もまた旅人。十方衆生~すべての人々にそそがれる如来の慈悲に抱かれる慶びは、〈いま〉〈ここで〉〈私が〉〈ともに〉としていく視座に立脚する私の生活の有り様を問うています。此岸〈私〉から彼岸〈願い〉を訪ね、私の歩みとさせていただくご縁といたします。
20日(火)
秋季彼岸会 19日晨朝 ~ 21日逮夜
 長原 真了/本願寺派布教使(長野教区河西組善立寺)/わたしもまた旅人
秋季彼岸会法座 19日(月) 晨朝~ 21日(水)逮夜
「わたしもまた旅人(たびびと)」
長原 真了(ながはら しんりょう)(長野)
火宅無常の世界~苦悩の日常に埋没する私の前にあらわされたひとつの道。〈行け〉と〈来れ〉の声を疑いなく聞き受けて、如来にすべてをまかせて浄土への道を歩む私もまた旅人。十方衆生~すべての人々にそそがれる如来の慈悲に抱かれる慶びは、〈いま〉〈ここで〉〈私が〉〈ともに〉としていく視座に立脚する私の生活の有り様を問うています。此岸〈私〉から彼岸〈願い〉を訪ね、私の歩みとさせていただくご縁といたします。
21日(水)
秋季彼岸会 19日晨朝 ~ 21日逮夜
 長原 真了/本願寺派布教使(長野教区河西組善立寺)/わたしもまた旅人
秋季彼岸会法座 19日(月) 晨朝~ 21日(水)逮夜
「わたしもまた旅人(たびびと)」
長原 真了(ながはら しんりょう)(長野)
火宅無常の世界~苦悩の日常に埋没する私の前にあらわされたひとつの道。〈行け〉と〈来れ〉の声を疑いなく聞き受けて、如来にすべてをまかせて浄土への道を歩む私もまた旅人。十方衆生~すべての人々にそそがれる如来の慈悲に抱かれる慶びは、〈いま〉〈ここで〉〈私が〉〈ともに〉としていく視座に立脚する私の生活の有り様を問うています。此岸〈私〉から彼岸〈願い〉を訪ね、私の歩みとさせていただくご縁といたします。
22日(木)
秋季彼岸会 22日晨朝 ~ 25日日中
 松嶋 智譲/本願寺派布教使(大分教区中津組照雲寺)/至徳の風の中の人生
秋季彼岸会法座 22日(木) 晨朝~ 25日(日)日中
「至徳(しとく)の風(かぜ)の中(なか)の人生(じんせい)」
松嶋 智譲(まつしま ちじょう)(大分)
阿弥陀さまのお救いのおはたらきを、親鸞聖人は「至徳の風」とお味わい下さいました。一方で私が抱える苦悩の人生を「衆禍の波」ともお味わい下さいました。(顕浄土真実教行証文類『行巻』行一念釈)
苦悩を抱える私を目当てとして、今ここで救うと誓われた阿弥陀さまのお救いを、聖人の御言葉を通じて共にお聞かせに預かりたいと思います。
23日(金)
秋季彼岸会 22日晨朝 ~ 25日日中
 松嶋 智譲/本願寺派布教使(大分教区中津組照雲寺)/至徳の風の中の人生
秋季彼岸会法座 22日(木) 晨朝~ 25日(日)日中
「至徳(しとく)の風(かぜ)の中(なか)の人生(じんせい)」
松嶋 智譲(まつしま ちじょう)(大分)
阿弥陀さまのお救いのおはたらきを、親鸞聖人は「至徳の風」とお味わい下さいました。一方で私が抱える苦悩の人生を「衆禍の波」ともお味わい下さいました。(顕浄土真実教行証文類『行巻』行一念釈)
苦悩を抱える私を目当てとして、今ここで救うと誓われた阿弥陀さまのお救いを、聖人の御言葉を通じて共にお聞かせに預かりたいと思います。
24日(土)
秋季彼岸会 22日晨朝 ~ 25日日中
 松嶋 智譲/本願寺派布教使(大分教区中津組照雲寺)/至徳の風の中の人生
秋季彼岸会法座 22日(木) 晨朝~ 25日(日)日中
「至徳(しとく)の風(かぜ)の中(なか)の人生(じんせい)」
松嶋 智譲(まつしま ちじょう)(大分)
阿弥陀さまのお救いのおはたらきを、親鸞聖人は「至徳の風」とお味わい下さいました。一方で私が抱える苦悩の人生を「衆禍の波」ともお味わい下さいました。(顕浄土真実教行証文類『行巻』行一念釈)
苦悩を抱える私を目当てとして、今ここで救うと誓われた阿弥陀さまのお救いを、聖人の御言葉を通じて共にお聞かせに預かりたいと思います。
25日(日)
秋季彼岸会 22日晨朝 ~ 25日日中
 松嶋 智譲/本願寺派布教使(大分教区中津組照雲寺)/至徳の風の中の人生
秋季彼岸会法座 22日(木) 晨朝~ 25日(日)日中
「至徳(しとく)の風(かぜ)の中(なか)の人生(じんせい)」
松嶋 智譲(まつしま ちじょう)(大分)
阿弥陀さまのお救いのおはたらきを、親鸞聖人は「至徳の風」とお味わい下さいました。一方で私が抱える苦悩の人生を「衆禍の波」ともお味わい下さいました。(顕浄土真実教行証文類『行巻』行一念釈)
苦悩を抱える私を目当てとして、今ここで救うと誓われた阿弥陀さまのお救いを、聖人の御言葉を通じて共にお聞かせに預かりたいと思います。
26日(月)
27日(火)
28日(水)
29日(木)
30日(金)