沿革

籠を水につけよ

 「お話を聞かせていただいても、聞かさせていただいたしりから忘れてしまいます。こんなことでは聞くかいがありません。もう聞くのをやめようかと思います」という人によく会います。

 私はこのような人にいつも、「あなたは三日前の昼のおかずを覚えておられますか」と尋ねるのです。そういうお尋ねをしますと、十人が十人、しばらく考えたのちに、「いや、思い出せません」といわれます。そこで、「忘れたら身につかないのなら大変ですね」というのです。

 覚えていないと身につかないということなら、大変なことです。頭で忘れても、身に必要なものはちゃんと身につくのです。教えも同じことです。だから「忘れることを気にせずに、一ぺんでも多くのみ教えを聞かれることが大切ですよ」と、私はいいます。

 蓮如上人はどうご指導くださったのかといいますと、「我こころはただかごに水を入候やうに、仏法のお座敷にてはありがたくもたふとくも存候が、やがてもとの心中になされ候と申され候」というお尋ねに対して、「そのかごを水につけよ、我みをば法にひてておく(浸しておく)べき」と答えられました。

 「私の心は竹で編んだザルのようなもので、聞いている時は『ありがたいお話、尊いご縁』とよろこばせていただきますが、やがて水がザルのすき間から抜けるように、聞いた話がどこかに消えてしまいます」のお尋ねに対して「ザルのようにすき間が多ければ多いほど水につけておけば、水は内外ともにひたしてくれるよ」と答えられたのです。

 忘れることを問題にせず、一度でも多くのみ教えを聞くことを問題にしたいものです。


『聞法(昭和62年8月1日発行)』(著者 : 藤田 徹文)より