沿革

孟蘭盆会

 お釈迦さまが舎衛国の祇樹給孤独園で安居をされていたとき、目連尊者が顔色を変えて、あわてて相談に来ました。

  目連尊者は、お釈迦さまのお弟子の中でも十指に入る人で神通力第一と言われている方でした。その目連尊者が、育てていただいたご恩に報いたいと、神通力で今は亡き母親を捜しました。

  目連尊者にとっては、すばらしい母でしたので、きっといいところにいるのだろうと考えて、天上界から捜しました。しかし、そこには母の姿は見当たりませんでした。そして、次々と捜されて、やっと餓鬼道に堕ちて苦しんでいる母を見つけたのです。

  そこで目連尊者は、おかあさんに御飯をささげますと、おかあさんはその御飯を口に運ぶのですが、口に入れる前に火に変わってしまい食べることが出来ません。それを見て目連尊者は、大きな声をあげて泣きますが、どうすることもできません。

  走って帰り、お釈迦さまの前に来て、事の一部始終を話し、どうしたら母を餓鬼道から救うことが出来ますかと、教えを乞うたのでした。

  お釈迦さまは、「目連よ、あなたの母は罪が非常に重いので、目連一人の力ではどうすることも出来ない。そなたの孝順の心は、諸天善神もよく知っておりますが、どうすることもできないのだよ。ただ十方の多くの僧侶のお力をかりるほかに、母を救う方法はないのです。それで、安居の終わった日に、十方の僧侶においしい食事と休む道具の供養をしなさい。そうすれば、現在の父母、七世の父母・六親眷族らが苦しみから逃れ、解脱することができるでしょう」とおさとしになりました。

  これは、盂蘭盆会の起源となった『盂蘭盆経』の前半の部分です。ある先生がこのお経について、次のように話しておられます。

「母親がひとりの子供を育てるのには、どうしても餓鬼道に堕ちなければ、育てられないのでしょう。そこに母の愛のありがたさがあり、同時に、堕ちた母を、子供の真心では救うことのできない悲しさを知ることですね」

  こうしてみますと、お盆とはご先祖のためにお勤めしているのではないようです。亡き人がいのちに換えても、私に伝えようとなさったことを聞かせていただくことこそ、お盆を勤める意義なのでしょう。もう一度、お盆について考えてみなければならないのではないでしょうか。

『聞法(1991(平成3)年7月13日発行)』(著者 : 義本 弘導)より