沿革

熊はんと御隠居が読む阿弥陀経:その8

御隠居 「えらい時間かかってるけど、まだ六事成就の話済んでませんな。」

   「はあ、せやけど、御隠居はんの話、ようわかりますわ。どうせ、暇なんでっさかいにじっくりといきまひょうや。」

御隠居 「そやな、『急いては事を仕損じる』ともいうからな。」

   「それで、あと何が残ってたんでっかいな。」

御隠居 「ええーと。場所までゆうたから、残りは一つ、衆やな。」

   「衆というと。」

御隠居 「大衆の衆や。そこに集まって、お釈迦さまの説法を聞いてはった方々のことや。前に結集のとこで、ちょっとお弟子の事を話したやろ。」

   「ああ、そうでしたな。」

御隠居 「『与大比丘衆 千二百五十人倶』とあるように、比丘というのは、お弟子のことやから、阿弥陀経の聞き手であるお弟子は、千二百五十人おられたんやな。」

   「そんなにいたはったんでっか。」

御隠居 「そや、その中でも代表になってる人が十六人、名前をだされてるんや。」

   「『長老舎利弗 摩訶目連 摩訶迦葉 摩訶迦旃延 摩訶倶羅 離婆多 周利槃陀伽 難陀 阿難陀 羅羅 梵波提 賓頭盧頗羅堕 迦留陀夷 摩訶劫賓那 薄拘羅 阿楼駄』となってるとこでっか。」

御隠居 「そやそや、それが全部名前なんや。十六人いたはるやろ。」

   「ひい、ふう、みい…。ほんまや十六人、ちゃんといたはるわ。」

御隠居 「先ず、舎利弗というのはな、智慧第一といわれた、お釈迦さんの十大弟子のお一人なんや。」

   「なんです、その十大弟子というのは。」

御隠居 「お釈迦さんのお弟子の中で中心になった人達や。それぞれ特徴を持った人なんや。」

   「第一というと、第二、第三もいたはるんでっか。」

御隠居 「いや、第一しか聞いたことないな。これは私の思いなんやけど、今の学校や会社みたいに順番や順位を決めたものやのうて、自分の特徴や才能が最大限に生かされるということやないかな。」

   「はあ、そういや、わてらの小学校の時分には勉強できいでも、運動会で走りが速かったりしたら、ヒーローになれてましたわ。けど、今時は勉強がでけへんかったら、走りが速ようても、絵がうまかっても、あかんらしいでんな。」

御隠居 「言う通りや。それぞれの個性が精一杯生かされていくのが、ほんまなんやろうな。」

『聞法(1995(平成7)年9月1日発行)』(著者:義本弘導)より