沿革

熊はんと御隠居が読む阿弥陀経:その15

御隠居 「熊はん、極楽には池もありまんねんで。」

   「ほー、さよか、それでどんな池でんねん。」

御隠居 「七宝の池となってるな。」

   「七宝て、七宝焼きで出来てまんのか。」

御隠居 「いや、そうやないんや。七宝というのは、七つの宝のことで、七宝焼きというのは、その七つの宝に似せたほうろうの焼きもんのことやと思うで。」

   「そしたら、その七つの宝とは、何と何ですねん。」

御隠居 「せやな、金(こん)・銀(ごん)・瑠璃(るり)・玻瓈(はり)・硨磲(しゃこ)・赤珠(しゃくしゅ)・碼碯(めのう)がそやな。」

   「金・銀・瑠璃はわかりまっけど、あとのんは知りまへんで。」

御隠居 「昔の言い方してるもんもあるからな。瑠璃というのは青色の宝石、玻瓈というのは水晶、硨磲は、車入れるとこちゃうで。」

   「そんなことぐらいわかってまっせ。御隠居はんもおもろいこといいまんな。で、硨磲てなんでんねん。」

御隠居 「硨磲は白珊瑚のこと、赤珠は真珠。」

   「へえー、宝石好きな人やったら、たまりまへんな。」

御隠居 「それだけやないで、その池の底は、黄金の砂が敷き詰められてて、その池の四方には金・銀・瑠璃・玻瓈で出来た階段みたいなもんがあって、その上には七宝で飾られた建物があるんや。」

   「まあー、宝石のオンパレードやな、そんなにたくさんあったら、値打ち無くなりまんな。」

御隠居 「それや、熊はん。極楽いうたら、前にもいうたように、物で満足するんやのうて、仏法を楽しむようになるんやったな。普通やったら、宝石欲しいと思うようなもんでも、あきるほどあった、欲しいとは思わんようになるやろ。」

   「そうでんな。金でもちょっとしかないから、欲しいと思うけど、砂のように敷き詰めたら、そんなん持っててもしゃあないでんな。」

御隠居 「そうなるやろ、極楽というのは、私らが煩悩から起こす願いを、我慢して捨てなさいというようなことやないねん。そんな願いを起こすことが馬鹿らしなってくるということや。そうすると、おのずと煩悩もなくなるわな。」

   「なるほど、そうなると、極楽て、阿弥陀経には宝石で散りばめられてるように説かれてるけど、結局、私らを煩悩から解放させてくれるはたらきなんでんなあ。」

『聞法(1995(平成7)年9月1日発行)』(著者:義本弘導)より