沿革

熊はんと御隠居が読む阿弥陀経:その22

   「御隠居はん、阿弥陀さまは寿命無量ということも、ゆうたはりましたな。」

御隠居 「そうや、次のとこ読んでみてくれるか。」

   「へえ、『又舎利弗 彼仏寿命 及其人民 無量無辺 阿僧祇劫 故名阿弥陀』。」

御隠居 「おっ、そこまでや。そこに『無量無辺 阿僧祇劫』とあるのは、限りないことということやな。」

   「ああ、ここにある劫て、五劫の話で聞かせてもろたやつでんな。そんなら、阿弥陀さまが寿命無量なんでんな。」

御隠居 「それだけやないんやで、その前に『彼仏寿命 及其人民』てあるやろ。そこは、『かの仏の寿命、およびその人民』と読むんやな。」

   「にんみんて何でっか。」

御隠居 「ああ、にんみんていうのは、人々ということや。」

   「どこの人なんでっか。」

御隠居 「阿弥陀さまの国の人々ということやから、お浄土に生まれた人のことやな。」

   「そしたら、阿弥陀さまがほかの仏さんと違うのは、自分だけが寿命無量になるんやのうて、わてらもお浄土に生まれると、限りないいのちを恵まれるからなんでんな。」

御隠居 「そういうことやな。せやから、どんなもんにも邪魔されることなく、私らを救おうとはたらいて下さり、お浄土に生まれるものに限りないいのちを恵んで下さるからこそ、阿弥陀と名付けられたんやと、お釈迦さんは舎利弗はんに語ったはるんや。」

   「へえー、そうだっか。そんなら、わてらは、お浄土に生まれた時には、阿弥陀さまとおんなじ仏さまになるんでんなあ。ところで、御隠居はん、ここにも劫が出てまっせ。こっちは『正信偈』の倍の十劫てなってまんなあ。これはどういうことだんねん。」

御隠居 「ああ、ここかいな。これはな、今は、阿弥陀さまが仏さまになられてから、十劫過ぎてるといわれてるんや。」

   「はあー、そうすると、阿弥陀さまの劫齢でんな。」

御隠居 「なんやんねん、その劫齢というのは。」

   「いや、人間でしたら、年齢でっけど、劫が何年か解りまへんので、年齢やのうて、劫齢にしましてん。」

御隠居 「なんや、けったいなこというな。せやけどな、生きとし生けるものを全て救えなんだら、仏にならんと願いを建てはった方が、いま阿弥陀と名乗ってくれはったんやから、私らは、間違いのない救いに出遇うことが出来たんやな。そのことを阿弥陀さまとならはった十劫の昔から、私を喚んでくれはってたんやな。」

   「そうでんなあ。それほど阿弥陀さまはご苦労してくれはったんでんな。」

『聞法(1995(平成7)年9月1日発行)』(著者:義本弘導)より