沿革

忙しく

 忙しいので 勉強ができない  忙しいので 手紙が書けない
 忙しいので 掃除ができない  なるほど それじゃ多分
 忙しいので 死ねないだろう           『日々の糧』

 私たちが、日頃何気なくよく口にする言葉の一つに、この「忙しい」というのがあります。大抵の場合、この「忙しいので・・・・・・」というのは、自分が何かしなければならなかったことをしなかったり、手抜きをしたときの言い訳のようではありますが・・・・・・。

 ところで、この「忙しい」という字は、まさに文字の通りで、「心を亡ぼす」ということでありまして、次から次えと、目先のことにふりまわされ、追いまくられて、自分自身を見失ってしまっている状態を表しております。

 ですから、ひたすら忙しい忙しいと追われて、目先のことを消化することにのみ目を奪われ、心を奪われてしまい、ただいたずらに時間を消費し、歳月を送ってしまいますと、ふっと自分のありようが気になったとき、むなしいだけの足跡しか残っていないのではないでしょうか。

 「私の人生とは、一体なんだったんだろう。生まれて、ただ時間に追われてひたすら働き、食べて、寝て・・・・・・。これではたして“人間”と言えるであろうか。動物と一体、どこに違いがあるのだろう・・・・・・」

 こんな答えを出さねばならない人生では、私はあまりにも悲しすぎると思えてならないのです。

 私のこの人生、かけがえのないいのち、とは言いながら、一体どちらを向いて、何を求めて生きているのか。その目的のためには、今、何をしなければならないのか。これらをはっきりしておきたいのです。換言するなら、なぜ忙しいのか、その理由を納得しておきたいのです。

 やり直しのきかない、二度とないこの人生。間違えた、ではすみませんし、あれも、これも駄目だった、では悲しすぎるのです。間違いのない如来さまの智慧に遇わせていただき、一日一日を本当に有意義にしたいものです。

 すべてが移り変わる中にあって、かわることのない阿弥陀如来様のまこと、南無阿弥陀仏の智慧に導かれ、たった一度のこの人生、「忙しいので・・・・・・」と言い訳をすることのないように、大切にしたいものです。

『聞法(1996(平成8)年7月15日発行)』(著者 :小林 顯英)より