沿革

本当の幸福

 「人間の本当の幸福は、歳をとるにつれて幸福だと感じる人生をもてることです」という言葉に出遇いました。

 私たちが“煩悩の命令”だけに従った人生を歩むなら、歳をとるにつれて幸福だと感じる人生をもてるはずがありません。歳をとるということは、老いや死が近づき、境遇がいろいろと淋しくなることが多いですから、「歳をとるにつれて淋しくなる」という声をよく聞きます。

 昨年、NHKの豊臣秀吉の番組を見ていたのですが、晩年はとても淋しそうでした。いくら最高権力者といえども、この人生思い通りにいくはずはありません。いのちの依りどころ、いのちの帰っていく処が明らかにならない限り、歳をとるにつれて幸福だと感じる人生をもてないのです。煩悩の命令だけに従った人生は、「露と落ち、露と消えにし我が身かな、浪速のことも夢のまた夢」と、淋しく人生を終えていかねばならないのです。

 しかし仏の命令を聞いている人は、生かされている喜びがあります。いのちの依りどころ、いのちの帰っていく処が定まっているので、たとえ一人ぼっちになっても、病気を抱えていても、末期の癌で「あとわずかの命です」と宣告されたとしても、与えられたことを受けとめ、いのちを輝かして生き抜くことができるのです。安心して生き安心して命終えていくことができるのです。歳をとるにつれて幸福だと感じる人生をもてるのです。

 『癌告知のあとで』の著者、鈴木章子さんに「この生」という題の詩があります。

 「仏さまのおことばがわかる今の生をいただきましてありがとうございました。仏法をお聴かせいただく身にさせていただきましてありがとうございました。お念仏をいただくことができましてありがとうございました。喜んでこの生終わらせていただきます。」

 この世に生まれて、お念仏に遇うことなくして命終えていくことは、とても残念なことです。

『聞法(1996(平成8)年7月20日発行)』 (著者 :不死川 浄)より