沿革

生活信条 第一

 浄土真宗の生活信条は、念仏を頂くものの生きる方向、姿勢を表わしたものであります。

 一、み仏の誓いを信じ 尊いみ名をとなえつつ 強く明るく生き抜きます。

 仏の誓いは、迷いを迷いとも知らず、罪を罪とも思わない苦悩している十方衆生の私たちを真実の世界、悟りの世界、めざめの世界に抱き取って救済する願いであり、誓いであります。その願い誓いが成就されてあるのが南無阿弥陀仏の名号です。この名号を呼び声ともいいます。

 私は子どもが三人おりますが、嫁に行った娘も、長男も、二女も、家にもどりますと、必ず「お母さんはどこに行った」と質問をいたします。別に用事がなくとも、「お母さんは」であります。たまには、大きな声で「お父さんはどこに行った」と叫んでほしいときがあります。

 しかし「お母さん どこへ行った」と叫んでいるのは子どもでありますが、よくよく考えてみますと呼ばせているのは親の方ではないでしょうか。

 常日頃から子どもの成長に親の思い、願い、行いが子どもの心の中に知らず知らずのうちに至りとどいて、親をたよりにし、親を力とし親を懐かしく思うのであります。

 子どもは親を依りどころとしているのであります。

 「南無せよ、南無せよ、阿弥陀如来がお前をほっておかない、必ず真実の世界、悟りの世界に抱き取って救うから安心してくれよ」と呼んで下さる、働いて下さるお心がお念仏です。

 私たちが苦しみ悩んでおれば仏も苦しみ悩んでおられます。私たちが楽しい安心した生活であれば仏も安心しておられます。

 「衆生苦悩我苦悩 衆生安楽我安楽」なのです。

 このお念仏を依りどころとさせて頂く人生は、弱い私が阿弥陀如来にはげまされ、抱かれて、強く明るい人生が歩まれるのであります。

『聞法(1999(平成11)年7月21日発行)』(著者 :佐々木義信)より